使えるねっと FX専用 米国設置VPS 約定速度(レイテンシ)の評判

 
FX専用 米国設置VPSキャンペーン!

使えるねっと FX専用 米国設置VPS 約定速度(レイテンシ)の評判
についてお話ししますね。

MT4でEAを使うとき、約定速度(レイテンシ)が影響しにくいEAと
影響しやすいEAが存在するのをご存知でしょうか?



約定速度(レイテンシ)が遅いとEAの収益性が下がる場合も!



◆約定速度(レイテンシ)が影響しにくいEA

 買いなら下方向、売りなら上方向にレートが動いているとき新規注文、
 買いなら上方向、売りなら下方向にレートが動いているとき決済注文
 する割合が高いEAです。

 スリッページは進行方向に発生しやすいので、新規・決済注文いずれも
 有利にスリッページしやすいEAですね。

 つまり、狙ったタイミングで全く注文できないのでは問題ですが、
 ある程度、約定速度(レイテンシ)が遅いくらいなら、有利なスリッページ
 が大きくなり、逆に収益性が上がるぐらいなのです。



◆約定速度(レイテンシ)が影響しやすいEA

 買いなら上方向、売りなら下方向にレートが動いているとき新規注文、
 買いなら下方向、売りなら上方向にレートが動いているとき決済注文
 する割合が高いEAです。

 スリッページは進行方向に発生しやすいので、新規・決済注文いずれも
 不利にスリッページしやすいEAですね。

 つまり、約定速度(レイテンシ)が遅いと不利なスリッページが大きく
 なり、収益性が下がりやすいです。



約定速度(レイテンシ)を速くするときの問題点と解決策



約定速度(レイテンシ)が影響しやすいEAを運用するときは、できるだけ
約定速度(レイテンシ)が速い環境にすることが重要です。

そのためには、約定速度(レイテンシ)が速いFX業者を選択することが
最も大切ですが、それ以外にもFX業者のサーバーの近くで運用することも
大切です。
FX業者のサーバーの近くで運用するほど、約定速度(レイテンシ)も速く
なります。

しかし、ここで問題になるのが、FX業者のサーバーが海外にある場合です。
日本のFX業者だと個人では最大レバレッジが25倍までで追証ありですので、
最大レバレッジが数百倍までで追証なしなところもある海外FX業者を活用
されている方は多いかと存じます。

海外FX業者には、約定速度(レイテンシ)を高速化するため、金融
サービス会社のデータセンターとしては最大級なエクイニクス社の
NY4データセンターを利用しているところがあります(例えばTitan FX)。
このエクイニクス社のNY4データセンターは、米国、ニューヨークにある
のです。

(ただし、日本のFX業者でも海外サーバー、海外FX業者でも日本サーバー
 である場合もあります。)

いくらFX業者のサーバーの近くで運用するほど、約定速度(レイテンシ)
も速くなるといっても、米国に移住するとなると大変ですよね。

そこで、使えるねっと FX専用 米国設置VPSが活躍します。
なんと、日本にいながら米国に設置されたVPSでEAを運用できてしまいます。

FX専用 米国設置VPSキャンペーン!

以下に、米国サーバーをもつTitan FXにおいて、使えるねっと FX専用 米国
設置VPSと、日本のノートPCでの約定速度(レイテンシ)を比較しました。



使えるねっと FX専用 米国設置VPSと、日本のノートPCでの約定速度(レイテンシ)比較



測定条件



◆FX業者:Titan FX(米国サーバー)

◆比較1日本:ノートPC(Windows 7、メモリ8G)

◆比較2米国:使えるねっと FX専用 米国設置VPS シルバープラン
      (Windows Server 2012 R2、メモリ2G)

◆測定方法:LatencyEA

      上記リンクのブログ記事下部
      「Download the FREE MellyForex Latency EA here」
      からLatencyEAをダウンロードできます(無料)。

      LatencyEAは、最小ロットで最小レートに買いの指値注文
      を行い、すぐにキャンセル注文という動作を、一定時間
      ごと(初期値は5分)に繰り返すEAです。
      稼動する通貨ペア、時間足は任意です。

      買いの指値注文、キャンセル注文それぞれにおいて、発注
      開始から成立するまでの時間を測定し、
      最大約定速度(レイテンシ)
      最小約定速度(レイテンシ)
      平均約定速度(レイテンシ)
      をそれぞれミリ秒単位でMT4チャート左上に表示します。

◆測定期間:約1日半
      比較1日本は、2016年11月8日20時5分〜2016年11月10日7時
      比較2米国は、2016年11月7日7時5分〜2016年11月8日20時5分

◆測定間隔:5分ごと



測定結果



◆比較1日本:ノートPC(Windows 7、メモリ8G)の約定速度(レイテンシ)


 


 最大約定速度(レイテンシ)60326ミリ秒
 最小約定速度(レイテンシ)203ミリ秒
 平均約定速度(レイテンシ)540ミリ秒



◆比較2米国:使えるねっと FX専用 米国設置VPS シルバープラン
      (Windows Server 2012 R2、メモリ2G)の約定速度(レイテンシ)


 


 最大約定速度(レイテンシ)57719ミリ秒
 最小約定速度(レイテンシ)63ミリ秒
 平均約定速度(レイテンシ)219ミリ秒



約定速度(レイテンシ)は、小さいほど速いことを意味します。
日本のノートPCより使えるねっと FX専用 米国設置VPSの方が
平均約定速度(レイテンシ)が2倍以上速く、その差は歴然です。


どちらも最大約定速度(レイテンシ)が1分くらいかかっているのは
気になりますが、Titan FXのサーバーが一時的に途切れたなどの影響
ですかね。

イレギュラーな最大約定速度(レイテンシ)の影響で、平均約定速度
(レイテンシ)が両者とも底上げされてしまっていますが、目視で
取引履歴を確認した限りでは、

日本のノートPCは、300ミリ秒以下
使えるねっと FX専用 米国設置VPSは、150ミリ秒以下

の約定速度(レイテンシ)であることが多いと感じました。



以上のように、FX業者のサーバーの近くで運用するほど、約定速度
(レイテンシ)も速くなります。
約定速度(レイテンシ)が影響しやすいシビアなEAを米国サーバー
を持つFX業者で運用したいときは、使えるねっと FX専用 米国設置VPS
をご活用くださいね。

FX専用 米国設置VPSキャンペーン!